番号に関する法律

法律と番号の相関について

携帯番号ポータビリティーの法律

携帯番号ポータビリティーとは携帯電話の利用者が携帯会社を変更しても従来の電話番号が使用できるサービス制度で、2006年10月から開始されました。市場が頭打ちで大幅な需要が見込めない現在では業者間競争による低価格化と既存契約者獲得が激化しており、ポータビリティー制度は顧客増加に繋がる大きな要素です。サービス提供には携帯会社間での共通ルールや決済方法等の協議が必要で、特定同業者の私的独占と不当取引を禁じた法律の独占禁止法に抵触する危惧がありましたが、利用者の利益と利便性向上及び公正な競争実施に関しては法律上問題無しとされています。

法律にある番号の決まり

法律に付されている番号は、解りやすくするためのもので、こうしなければいけないという決まりはありません。全体的な法令から、細分化された法律・政令・省令・条例まで、それぞれに番号がありますが、国や自治体など、それを管理する政体により異なります。旧の条項を参照したり、現在の条項と対比したりするためには、一貫した管理が必要ですが、最初から通しのもの、年または年度ごとなどいろいろな管理方法が混在しています。某省庁では法改正で、「イ、ロ、ハ」からはじまる事項が、「エ、ヒ、モ、セ、ス」の「ス」まで行った条文があり、次回の改正時の動向が注目されています。

↑PAGE TOP