法律論文に番号をふる

法律とそれに付随する番号

法律論文を書くときは

大学で法律に関する卒業論文を書いたりや司法試験で論述式問題を解いたりする場合、数千字から数万字といった非常に文字数の多い文章を書くことになります。その際、意味段落ごとに区切っても文章を読むことはできますが、番号をふることでさらに文章が読みやすくなります。ふり方は、横書きの場合は算用数字を使用し、縦書きの場合は漢数字と算用数字で漢数字を優先的に使います。また、注意書きや補足説明などを入れる場合にも、段落ごとに番号をふれば文章が煩雑にならずにどの部分のことなのかがわかりやすくなります。このように文章が読みやすくなるだけでなく、文章を書く際にも法律論文として必要な論理的な文章が書きやすくなります。

法律につけられる番号について

法律には、番号が付けられます。これは、毎年暦年が終わるとリセットされて、当新たにカウントが始まります。これは、改正などによって成立した場合も同じです。数字だけではいつの年に成立したものか区別がつかないため、その数字の前に年号が付されます。その数字の大きさで大体どの時期に制定されたのかを推測することができます。法律の条文を調べることができる検索サイトでは、法令名を入力すれば検索できますが、この番号を入力しても調べることができます。法令名がわからないときでも迅速に調べることができるため、必要に応じて活用すると良いでしょう。

↑PAGE TOP