幼少期の加村淳一郎

加村淳一郎の学生時代

加村淳一郎を紹介します

加村淳一郎を紹介します。平成3年8月10日に東京都で産まれました。幼少期から学業優秀で、周囲からは神童と呼ばれていました。学生時代には学業だけではなくスポーツに打ち込み、サッカー部を主将として全国大会に導きました。大学では文学部に進み、首席で卒業。一流企業に就職し、そこでも早くから頭角をあらわし、社内でも高い評価を得ました。しかし急に会社を辞めると小説コンクールで大賞をとり小説家デビュー。今年の春には、その作品が映画化されることとなりました。

↑PAGE TOP