法律に付けられた番号

法律に関する番号について

法律の番号や条項について

法律は、番号がつけられますし、内容にも条項が分かれています。前者は、議会で成立した際につけられます。これは、順番です。つまり、数字が若ければ早い時期に成立したものということになります。後者は、条文の中にある文言です。第何条、何項、何号、というように、具体的に数字で書かれています。これは、適当に書かれているわけではなく、基本的に体系だって書かれているため、近辺の条項を調べることで、目的のことを正確に知ることが可能となります。法律の条文を調べるのは、学習の基本となるため、その読み方は最初に知っておくべきでしょう。

法律につけられる番号について

法律は毎年たくさん作られています。そして、その作られた物には番号が付けられます。これは、法令番号と呼ばれます。これは、暦年ごとにリセットされます。つまり、一番その年の最初に作られたものは1となります。また、大体どのくらいの時期に作られた法律かどうかも予測することが可能です。これについて具体的に知りたい場合は、法令を検索することができるサイトを使うと、最初の方に名前と一緒に載っています。また、この数字から検索をすることができます。ただし、数字と遺書に和暦をつけて表示されるため、セットで入力しなくてはなりません。

新着情報

↑PAGE TOP